スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

51/60 脳を活かす仕事術 脳を活かす仕事術

脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
(2008/09/10)
茂木 健一郎

商品詳細を見る

60冊突破したんです

更新が追いついていませんねー
なので読んだ本を貼り付けておきたいと思います。

50/60 アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書

著者:山岡 道男淺野 忠克
発行所:アスペクト
発行日:2008年3月27日

アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書
(2008/03/27)
山岡 道男淺野 忠克

商品詳細を見る


今回の目的
中小企業診断士試験の経済がどうにもこうにも分かりづらいためベースアップを目指して。
というか基礎の考え方が知りたいなと。


感想
なんどか読み返して身につけたいと思いました。
今回は分かりやすい!といういい印象を持ちました。

49/60 すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト

すべては音楽から生まれる 脳とシューベルト

著者:茂木健一郎
発行所:PHP研究所
発行日:2008年1月7日

すべては音楽から生まれる (PHP新書 497)すべては音楽から生まれる (PHP新書 497)
(2007/12/14)
茂木 健一郎

商品詳細を見る



今回の目的
特に無し。
というか芸術と脳の関連性とかのヒントになれば


感想(マインドマップはなし)
そろそろマインドマップもアップしたいですね。
トニーブザンさんが、勉強(脳を使うこと)と運動と芸術活動とをバランスよくすることで各々のパフォーマンスも向上するということをおっしゃっていた(と記憶している)のです。
先日茂木さんの講演会でこの本についてのお話を伺った時にこのことを思い出したため読みたくなった本です。


「主体の能動性」という言葉に答えがあったように思います。
「喜びや楽しむという行動が脳を活性化させる。生への取り組みを前向きなものにする。」(一部引用)

シナプスの動きがビートとしていたりと、音楽(芸術)=脳という考え方もあるようで、
確かに!と思うことも沢山あり、最近あまり聞いていなかった音楽を積極的に取り入れて行こうと考えました。


試験的に雅楽でヨガとかやってみています。

48/60 するどい「質問力」!

するどい「質問力」!
著者:谷原 誠
発行所:三笠書房

するどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決するするどい「質問力」! 図解問題を1秒で解決する
(2008/05/23)
谷原 誠

商品詳細を見る


今回の目的
意識的に質問できる人になるためのきっかけ作り


感想(マインドマップはなし)
質問力の本が2冊続きました。
最近人と会うことが多いこと、どうも質問に対して苦手意識があることに気づいたので読んでいます。
47冊目のコンサルタントの質問力が、コンサルタントの方の基本的な考え方で、今回のするどい「質問力」!は弁護士さんの具体的な手法でわかりやすく書かれているように感じます。
どちらの視点もありがたいです。


共通していたことは
・うなづき、返報性
・素直に聞く、引き出す
など。


相手のことを気遣って知ろうとすることが一番重要なのかなと感じました。

質問する時に意識したいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。